LOG IN

陸上生物最大級!アルゼンチノサウルス

by NA

恐竜の「大きさ」というのも、恐竜の魅力を伝えるために必要な要素だろう。
恐竜は、陸上に生息する生物最大の大きさを誇った生き物だ。

最大級の恐竜「アルゼンチノサウルス」

なかでも、竜盤類の「アルゼンチノサウルス」は、全長約35mと、最大級の恐竜だった。
体重は50トン以上や、70トン以上とも推測されている。
人間なんて片足で簡単に踏み潰されてしまう。

巨大化の理由

大きく、さらに重いことは、それだけで肉食恐竜に襲われにくくなる。
例えば、自分が自分より大きな生き物(象やキリンなど)に襲いかかることを想像して欲しい。一歩間違えば命取りになる大きな狩りになるだろう。第一歩を踏み出すのに相当の勇気がいるはずだ。

さらに、ジュラ紀の環境が竜脚類を巨大化させたと言われている。
当時竜脚類が食していた植物はシダ類や針葉樹だ。これらは、葉が硬い上に栄養価が低い。
しかし、初期の竜脚類は植物を咀嚼するための葉が未発達だったため、十分な栄養を吸収するために、時間を掛けて充分な植物を消化できる大きな消化器官をもつ必要があった。
こうした環境が、大きな胃を持つ竜脚類に優位に働き、巨大化に拍車をかけたと言われている。

目の前に車両1.5個分ほどの生物が動いているのを想像してみてください。

電車の車両の長さが約20m。
アルゼンチノサウルスの全長が約35m。
電車の車両1.5倍以上の長さをもつ生き物が、もし目の前にいたら…。
首を一振りしただけでも鈍い音とともに風が起きるでしょうか。
歩く振動で転んでしまうかもしれません。地面についた足跡の落とし穴に落ちてしまう?
そんな想像をすると、ワクワクが止まりません。ああ、一度でいいから恐竜を目の前で見てみたい。
震えて動けなくなりそうだけどw

さてさて、全長35mで50〜70トンって、そんなの身体を支えられるの?本当に歩けたの?と疑問が湧いてきたと思いますが、今日はこの辺で。
次回は、竜脚類巨大化の仕組みについて。

参考:
白亜紀の生物 下巻
DVD付 恐竜 (講談社の動く図鑑MOVE)
恐竜の世界 (学研の図鑑)


NA
OTHER SNAPS