LOG IN

古生物って何?

by NA

この記事は、「古生物 Advent Calendar 2017」1日目のとして参加しています。  
1日目ですので、「古生物って何?」というところから記事にしようと思います。

Wikipediaには、以下のように記されています。

古生物(こせいぶつ、Prehistoric life)は、地質時代(地球の誕生から人類の歴史以前の時代)に生存したと想定される生物の総称。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E7%94%9F%E7%89%A9

簡単にいうと「過去の生き物」です。  
化石として発見される「恐竜」や「アンモナイト」も古生物です。  
今も生きている「シーラカンス」や「ラブカ」も古生物です。(ラブカは、2017年5月に放送された鉄腕ダッシュで捕獲されていました。超貴重!)

ラブカ:サメの一種。
原始的なサメの特徴が見られることから、「生きた化石」と言われる。
シン・ゴジラの鎌田くんのモデル(?)となったらしい。

「古生物」と聞くと、どんな生物が入るのが想像しにくいかもしれませんが、みなさん、きっとひとつくらいは好きな古生物がいるはずです。

ティラノサウルス、ダンクルオステウス、ピカイア、三葉虫、ディッキンソニア、トリケラトプス、ウミサソリ、ディメトロドン、プテラノドン、メガネウラ、モササウルスなどなど。

古生物の種類は、約10億種以上あるとも言われています。私たち人類が誕生する前に、そんなにたくさんの種類の生き物がいたなんて、生命って、進化ってすごい…!!!

古生物の図鑑見ていると、ワクワクときめいたり、こんな生き物がいたのかと恐怖したりしてとても楽しいです。  それに、誰も過去に行って生きている姿を確認できませんから、化石などから「想像」するしかありません。  
もしかしたら、今図鑑に乗っていることは全部間違いかもしれない。「走るのが速い」と考えられている生き物も実は水の中で生きているのかも知れない。そう考えると、なんだかワクワクしますっ!  

過去にいた生き物「古生物」。

明日の予定は、「化石のできかたについて」です。


NA
OTHER SNAPS